20210529_095937

ラバーのかたまり。



こんにちは、つゆこです。
本日はベイブレードの発売日、
新作ファブニルの登場です。

今まで基本的に遊ぶ用と保管用で一個ずつ買うのが習慣だったんですが、
最近発売後の値下がりが激しいので今回は一個だけにしました。
注文したあとに気づいたんですが、
ベリアルのギアは2つ欲しかった…
後で注文することにします。

20210529_093818

パッケージはこんな感じ。
とある家電量販店の通販サイトで買ったのですが、
何故かパッケージがボコボコでした…
ちょっとショック。
梱包はきれいだったので入荷段階で潰れたんですかねえ。

ベリアルが白黒、ランブーが白オレンジだったので、
ファブニルは白黄かなあと思っていたら黒黄でした。
ミラージュの時も黒黄でしたねえ。

20210529_093841

背面はこんな感じ。
DBアビリティはバニッシュストームらしいです。
DBシリーズはパッシブなギミック主体で行くのでしょうか。

20210529_094010

中身はこんな感じで入ってました。
ベリアルの強化パーツは取説の方に入ってます。

20210529_093950

梱包はこんな感じ。
DBシリーズはシンプルで梱包の分別が楽で良いですねえ。

20210529_100001

パーツ構成はこんな感じ。
今回も全パーツ新規。
ディスクとドライバーがとりあえず…丸いです。

20210529_105825

ちなみに部屋のどこを探してもミラージュファブニルが行方不明だったので、
急遽ストックのミラージュを引っ張り出しました。
まだ予備あるから良いんですけど、
なんか負けた気分です…
メインで多様していたのでないはずないんですけどねえ。


・レイヤー(DBコア、ブレード、アーマー)

20210529_100010

レイヤーはバニッシュファブニル-3。
ラバー搭載→ラバー可動→ラバー増量→ラバー全面から、
とうとう主素材ラバーになってしまいました。
…何から進化の方向が極端な気がします。

20210529_100051

更にバラすとこんな感じ。



・DBコア

20210529_100058

DBコアはファブニル。
初登場以来皆勤賞です。
ロンギヌス戸並んでベイバドラゴンの2大巨頭ですね。

ファブニルの中心デザインは毎回大きく変化していて、
明確に共通点があるのがドレインファブニル→ガイストファブニルくらいでした。
今回もデザインが大幅に変わり、
ウィザードの2体の龍が真ん中のオーブをグワシ
→一体のタツノオトシゴみたいな龍が中心でグワシ
→両手にオーブ一つずつもってウェーイ
…みたいな感じに変わってます。

たしかベリアルの記事で、レイヤー中心が別パーツに依存しなくなったから
ドレイン、ガイストみたいな真ん中オーブが復活するかも!
みたいな事書いてましたがそんなことはありませんでした。

ファブニルのチップに関してはウィザードの頃から色々文句言ってて申し訳ないなあと思っているのですが、
やっぱり今回もあんまりデザインが好みではないというか…

外周パーツ部分の緑色は何処から来たのでしょうか。
今までのファブニルの緑要素ってGTのファブニルチップの中心部分の丸くらいでしたよね。
批判的なレビューにはあまりしたくないのですが、
かと言って忖度するレビューも好きではないのでしっかり書きます。
ここの緑色のせいで違和感が凄いです…

20210529_100108

裏面はこんな感じ。
ミラージュと同じくベースカラーは無色透明ですね。

20210529_100112

ロックの山は左版ベリアルな4つロックです。
これがかなり固めで、
歴代ファブニル最高レベルかと思われます。
かなり気合の入ったロックです。


20210529_100131

重さはほぼベリアルと同じです。
チップは選択肢が多くある方が改造の際に楽しめると思うので、
だいたいこのくらいに留めておいてもらえると良いかなあと思います。


・アーマー

20210529_100147

アーマーはスリー。
名前の如く3枚刃に対応して頂点が3箇所に分散したアーマーです。

なんとなくエアナイトの中央メタルパーツに似てなくも…ない?
どうでしょうか。

20210529_100235

既出のアーマーの中でもかなり細身な印象です。

20210529_100247

裏面。
やっぱり薄くて細めな気がします。

20210529_100318

重さとしてはどれも13g代でしたが、
その中では一番軽量でした。

アーマーについてもあんまり差をつけなさそうなので、
これはバランスの兼ね合いと見た目の好みて選んでしまって良い気がします。


・ブレード

20210529_100340

ブレードはバニッシュ。
ここまで書いて、
アーマーとブレードの各順番間違えたことに気づきました。
許してください。

恐らくベイバ初、
本体部分が軟質素材で出来ているパーツです。
近い例で言えばスクリュートライデントなんかが近いですが、
あれは基本がプラパーツでした。

見た目はごっついです。
正直な所ファブニル感があんまりないというか、
青の割合が多いのでかなり太めな印象を受けます。
タイヤみたいな。

20210529_100405

裏面見てもごっついです。
むしろ裏のほうがごっつく見えますね。
こっち側見るとわかりやすいですが、
金色のプラ部分は軟質部分に埋め込まれているのがわかります。

20210529_100409

きになったのはプラ部分の肉抜き。
3箇所あるのですが、
2箇所は中央にパーテーションみたいなのがあるのに対して、
一個だけパーテーションなしでした。
これにはなにか意味があるのでしょうか。

20210529_100430

マスターブレーダー動画にもありましたが、
非常に柔らかく、指でグニグニできるレベルです。
これは夏と冬で性能がガラリと変わるのでは…。
ラバー部分には穴が3箇所空いていて、
更に柔らかさアップとのこと。
クリアランスは取れているので引きちぎれることはないと思いますが、
レイジロンギヌスの進化系みたいなのが来たらちょっと危ない気がします。

破損の恐れもあるのでマネしないでくださいネ。
自己責任で。

20210529_105846

ハイモード。
正直ハイモードの方が緑部分が消えて格好良いですね。
なんであんな派手な緑なんでしょうか…

20210529_110508

ブレード重量はまさかの12g強。
左回転は今の所ファブニルだけですが、
DBシリーズ最重量です。
軟質素材は意外と重いんですね…
それてもデカイからか。

20210529_110529

ちなみにブレードだけでドレインファブニルより重いです。
インフレがすごい。

20210529_110707

レイヤー全体重量でこれ。
ファブニルでこれならロンギヌスはどうなっちゃうんでしょうか。

20210529_110148

ファブニルファミリーで比較。
ドレインは通常カラーが行方不明だったのでくじのファブニルにご登場願いました。

20210529_110258

サイズはミラージュより巨大化。
DBは小型で強い…みたいな話だった気がしますが、
割と超王でもでかい方に位置してます。

20210529_110333

シャーシ外したミラージュと。
ふた周りくらい大きいです。
また金の色味が若干違う感じがします。
ミラージュは赤みがかった印象。

20210529_110340~2

金部分はウィザードに近い印象。
にしてもウィザードのこのチップの色、
未だに慣れません…
当時もボロカス書いてしまったような気が…

20210529_110347~2

ガイストファブニルと比較。
3枚刃が明確になったのはここからでしょうか。
個人的にガイストファブニルが一番好きなので贔屓目に見てしまいますが、
ガイストの遠心力ギミックがのちのレイヤーたちに引き継がれなかったのは残念です。
あと真ん中のオーブドン!も。

20210529_110355 

カラーリングが違いますがドレインと比較。
大きさがまるで違いますが、
龍の首のところのファサアって所(名前がわかりません)がラバーになっているのは共通していますね。
オーブを掴んだ意匠は形が大きく変わりますが受け継がれています。

20210529_110817

せっかくミラージュ新品開けたのでディスクまでの重量比較。
バニッシュは61.93、

20210529_110804

ミラージュは56.69。
実は意外と差がなかったりします。
シャーシって重かったんすねえ…


・ディスク

20210529_110900

ディスクはテーパード。
テーパー加工は周囲を削って斜め落としするやつですが、
これは旋盤で削ってるわけじゃなく、
単純にテーパー形状になっているからテーパード。
たぶん。
上から見た感じだとエールディスクにちょっと似てます。

20210529_110911

裏から見てもちょっと似てるかも。
テーパードディスク最大の特徴は、
ポリッシュ以来の下部分ツルツル形状にあります。

20210529_110928

初代ファブニルはポリッシュアトミックで猛威を振るいましたが、
テーパードも基本的に役割は似ています。

ポリッシュは小さめの径で、
ベアリング等のそこそこ高さがあって
こすれる部分のあるドライバーには不向きでしたが、
テーパードはそれより大径になっているのでより転がりやすくなっています。

DBディスク共通して、
ドライバーのはまる場所が内側に掘り込んでありますが、
ポリッシュも内側に入り込んだ形状をしていましたね。

20210529_111002

ネクサスと比較。
ネクサスは生物的な彫刻のような見た目でしたが、
テーパードは工業製品のようなカッチリ具合ですね。

20210529_110842

重さは29.07。
現状DBディスク最軽量です。
最後の伸びを取るか重量を取るか…
悩みどころですね。

20210529_105941

余談ですが、
正直ハイモードが死ぬ程ダサいです。


・ドライバー

20210529_111041

ドライバーはキック。
第一印象は飛びそう…トライグル…って感じでした。
なんとなくわかるでしょ。

20210529_111048

ですが、
このキックドライバー、軸先は真っ当なスタミナタイプです。
というかほぼイールディング。
素材は違いますが、
形状はほぼ同じです。
20210529_111114

んで、この丸い円盤がなんの役割を果たすかと申しますと、
姿勢制御です。
中にバネが搭載されていて、
ベイが傾いた時に反発して体制を戻してくれるというスグレモノ。

バネの反発が強すぎて逆に飛ばされそうに思えますが、
バネは柔らかめで、ちょうど良さそうな感じ。
DBスタジアムに最適化されていそうな感じで、
ノーマルのベイスタジアムだと少し傾斜がきついかもしれません。

またこの円盤、一応回らなくはないですがバネで抑えられている感じなので、
フリー回転ってほどフリー回転はしません。
ただ大きさが絶妙なので送り合いには意外と効果を発揮しそうです。

20210529_111100

ミラージュ開けちゃったのでナッシングと比較。
ファブニルはライズ意外バネドライバーですが、
今回は軸先ではなく外周に仕込まれました。

…これで軸先がライズだったら面白かったんですが。


・ベリアル強化パーツ「Fギア」

20210529_111252

今回のバニッシュファブニルにはおまけとして、
ダイナマイトベリアルに使える強化パーツが付属しています。
右回転版ファブニルみたいな形状のこのパーツ、
実は今回のメインアイテムと言えるほどに重要だったりします。

20210529_111358 

装着方法はダイナマイトブレードにダボを合わせて重ねるだけです。

20210529_111409

こんな感じ。
コアとアーマーに挟み込まれるので、
特にロックはされません。

20210529_111418

裏面はこんな感じ。 


で、このFギアの凄い所がこちら。

20210529_111435

重さが5.63gです。

ダイナマイトベリアルの記事をおさらいしてみましょう。

そして、

20210529_111446

ダイナマイトブレードの重さが5.52です。
なんと強化パーツの方がちょっと重い。
誤差レベルですがそれにしても同じくらいの重さです。

そして重ねれば当然、

20210529_111515

重さがファブニルに次ぐ11gまで増えます。
発売一ヶ月でサイクロンブレードの居場所がなくなってしまいました。
なんてこった。

20210529_111608

今回はセット版のダイナマイトベリアルに装着してみました。
上から見るとラバーがアクセントで見えてカッコいいです。

20210529_111613

ただ金色は浮いちゃいますね。
いずれ別カラーで再録されるのを願います。

20210529_111631

レイヤー全体で32g弱。
ファブニル並みの重さをゲットしてしまいました。
Fギアの感想は別記事でまとめたいと思いますが、
少なくともダイナマイトブレードを運用するなら必須パーツですね。
流石に倍の違いがあると装着せざるを得ません。
なにかブレるような固定方法でもないですし、
ほぼほぼ純粋なパワーアップになりそうです。


・回してみた感想。

20210529_111803

デフォルトファブニルの中では一番完成されている改造だと思いました。
というか、素で強いっす。
まずロックが固いのでほぼバーストしません。
また、背の低さが良い感じなのかブレがかなり少ないですね。
スリーアーマーで少しブレるかと思いましたがほとんど影響なさそうでした。
アーマーではそんなに差が生まれないのかもしれません。

20210529_111847

ぶっちゃけると全身ラバーの効果はあんまり感じない…というか、
ラバーよりも形状のゴツゴツさで吸収している感じがします。
というか引っかかりが大きめなのでかなりがっつり弾きます。
バウンド刃っぽい感じです。

そして、テーパーとキックの相性が非常に良いですね。
デフォルトで送り合いがかなりの水準でこなせます。
こなせるレベルで言うと、ウェーブドライバーのちょっと上くらいでしょうか。
DBスタジアムだと相手に寄り掛かれるので、
確実ではないですが、
ユニバース、ドリフトあたりにも追従出来ますね。

これは予想外でした。
絶対ネタドライバーだと…。

20210529_112050

他の送り合い形ドライバーと比較すると、
軸先自体はオーソドックスなので外周に飛んでったりってのが少ないです。
ユニバースのように自分のリングで粘るタイプではなく、
相手の伸びにくっつきながら円盤でバランスを取るような送り合い方をします。

持久力と送り合いの性能バランスはかなり良い感じでした。

20210529_112440

テーパードディスクは色々試してみましたが、
ネバー、ゾーンダッシュゾーン、ボルカニックが割と良さげでした。
デストロイダッシュとかエクステンドプラス、ユニバースだとディスクに埋まってしまうのであんまりよろしくないみたいです。

この辺の相性は今までのディスク、ドライバー相性のセオリーとは変わってくると思うので、
いろいろ試してみようかなあと思います。


ベリアルFギアでドリフトとぶつけてみましたが、
体勢不利とはいえここまで送れるのは嬉しいポイントですねえ。


総合的には、
ミラージュファブニルとは違ったアプローチで強いベイだと感じました。
ミラージュは小型で吸収って感じでしたが、
バニッシュはゴリ押し送り合いって感じです。
なによりテーパードとFギアは今後の環境を左右するパーツになりそうなので、
今からベイバを始める人、また復帰する人は
ベリアルとセットで買うの推奨です。

長くなってしまいました…
色々改造を探って遊べる意味でも、
バニッシュファブニルはコスパ良しだと思います。
オススメです。













・本音。

20210529_110614

ちょっとネガティブ意見になるので苦手な方はブラウザそっ閉じで。












やっぱり見た目に関してはどうしても不満があるというか…
コアの緑色も浮いて見えますし、
今までのファブニルは外周の顔とラバーの間に顔…というかチップやチップに当たる部分が来ていたんですよね。
それこそヴァルキリーみたいな感じです。
これはドレインファブニルも共通しています。

ただ、今回のバニッシュファブニルはチップの付く部分がかなり右に動いてしまったので、
中途半端な左右非対称になってしまっている感が否めないのです。
上に貼った写真は今までのファブニルならこの向きでチップが付くだろうと思った位置です。

恐らく強度の問題で、プラパーツがある所にチップの設置場所を設けたかったのだと思いますが、
それで見た目を犠牲にしてしまうのもなあ…うーん。
仮にそこに目を瞑ってもなんでコアが緑なんだろうか…と思ってしまいます。

ファブニルを愛用していたが故に、
デザインに関してはちょっと気になってしまいます。
不快に思われた方、申し訳ございません。