20210429_124532

まさかまさかのドラグーンV2。



こんばんは、つゆこです。

DBシリーズの皆様の手応えはどんな感じでしょうか。
私はハイとローの使い分けをどうしようか悩んで悩んでいる最中でございます。

正直左回転も出ないとシリーズがどんな感じかわからないですよね。
私的には今の所デフォルトでもそのまま使える印象です。


では本題。
本来ならば真っ先に書くべき所のドラグーンV2、
大変遅くなりましたが今書きます。

20210425_110939

ランダムブースターvol.25のレア枠2は、
まさかまさかのドラグーンV2でした。
個人的にVシリーズで一区切りつけたのかと思っていたので、
まさかV2までやるとは思っていませんでした。
V2シリーズは今で言うフレーム的ポジションのサポートパーツが初登場したのを筆頭に、

最強クソアッパーのドライガーV2
かつてない形状かつバランスタイプらしくなったドランザーV2
ドラシエル界の異端児ドラシエルV2
そしてボス枠に元祖ケルベロスなバーニングケルベロス。

なかなか再現が難しそうなところが多いのですが、
今回しれっとV2がいるのには驚きを隠せませんでした。
マスターブレーダー動画でもあっさり目に紹介されてましたね。


V2やるってことはGも行くんですかね…
GTまでやったらドラグーンファン大歓喜な気がします。

20210429_124627

パーツ構成はこんな感じ。
贅沢を言えばホイールを…黒にしてくれたら…
ちなみにおまけでシックスアーマーのレッドバージョンがついてきます。
こういう感じでカラバリアーマー毎回つけてくれると嬉しいですね。


あと細かいところですが、
バースト版はS、F、Vといったアルファベット表記でなく、
ストーム、ファントム、ビクトリーって感じで
公式名称フルネームで統一されていました。
今回からはV2とアルファベットに変わりましたね。
細かいところですが、一応。


・レイヤー

20210429_124639

レイヤーは言わずとしれたドラグーンV2。
形状はVと同じく上手くバーストライズされていて違和感がないです。
原点は青い部分が予め塗装されていた記憶がありますが、
バースト版はすべてシールになっていました。
この頃あたりからビットチップのキャラクターがアニメ彩色っぽい感じになっていった記憶があります。


重箱の隅をつつきまくることを一つ上げるとしたら、
ドラグーンV2って素材の都合か若干乳白色っぽかった気がするんですよね。
バースト版は真っ白けっけ…
ちょっとカラバリライクに見えます。
逆に言えばシールが映えるのでキレイに見えます。

20210429_124647

裏面はこんな感じ。
基本的構造はメタルチップになった復刻系と同じです。
やっぱり肉抜きは多めで、
見た目のゴツさの割にはそんなに重量アップしてない印象。

20210429_124712

ドラグーンV2の最大の特徴、
4枚刃のスパイクも再現されています。
バースト化にあたって
刃の面積が減ってしまったので効果はなさそうですが、
これが無いとV2じゃないですよね。


これまた余談なんですが、
V2って最初の宣材写真の時、
スパイクがグレーに塗装されていた…ような記憶があるんですよね。
あのコロコロの小さいムック本、
ドラグーンV2で予告にドライガーV2が出てたやつだったでしょうか。
実際に当時V2を買ってもらって、
スパイク色ないじゃん!って思った記憶があります。

当時の勘違いだったのかどうかは謎のまま…
ご存じの方がいたら教えて下さい。


※爆転ベイのプロフェッショナルなフォロワーのB型葛茶さんに教えていただきました。
どうも当時の宣材写真の影が灰色っぽく見えていたようです
それを当時の僕は塗装だと勘違いしてたようです…
長年の勘違いが解決しました、ありがとうございました!

20210429_124730

ビクトリーと比較。
ビクトリーは限定セットのものはのでちょっと色味が違うかも。
だいぶレイヤーが大型化していて、
V2のデカい四枚刃の威圧感が再現されていますねえ。

この数字無しで刃が増えて2号機では四枚刃に戻るのはドラグーンGTにも引き継がれています。

20210429_124750

推測ですが、ロックパーツはVと共通っぽくて、
山の高さも同じに見えました。

あと写真でもわかると思うのですが、
今回のドラグーンはバーストストッパー的なものがディスク可動部中央に増設されています。
が、高さが足りないのかディスクにほとんど干渉しません。

ロードスプリガンやエースドラゴンの強化版みたいに色付きディスクがガッツリ干渉する訳ではなく、
手持ちで一番塗装が厚そうだったスプリガンレクイエム炎斧verのゼロや赤バンガード、
金ファイブでも試しましたが、
多少こする程度で実用上は効果がありません。

これ実はランチャーがしっかり噛み合うように増設された爪押さえ何じゃないかとちょっと思ったり。
今の所謎のままです。

20210429_124812

重さはこんな感じ。
ドラグーンVから2gほど増加しましたが、
まだゼットアキレスには及ばず。
大体スプリガンレクイエム…と考えると大分マシにはなったのかなあ…

Gはストームペガシスに追いついてくれると良いですねえ。


・ディスク

20210429_124928

ディスクはホイール。
もはや説明不要、
全シリーズのギガディスクポジション。
ダブルシャーシを使わないときのお供ですね。
こうして見ると、
なかなか複雑な形状してますよね。

20210429_124934

星4でした。

20210429_124842

ホイールのは30g前後のイメージなのでこんなもんでしょうか。


・ドライバー

20210429_124943

ドライバーはエクシードダッシュ。
想像以上に早い段階での再録。
もっと先になるかと思いました。

ちなみに強化パーツはなしです。
 
正直見た目的にはドラグーンストームっぽい気はするんですが、
実用性は十分です。
デフォでの戦闘力はドラグーン1ありそう。

見た目で選ぶならヴァリアブルの軸先が青だとそっくり…かな?
ドラグーンV2の軸先の磁石はオリジナルとランブーであったりなかったりしてましたが、
割と丸めのゴム軸だったので、
暴れ方は比較的おとなしめ…だった気がします。

20210429_124948

とりあえず普通のエクシードって感じで、
フリー回転感も悪くないです。

20210429_124849

重さはこんな感じ。

20210429_125050

組み立てた状態でドラグーンVと比較。
どっちも当時使ってたので思い出深いですねえ。
ディスクもマグネ、軸先もマグネ、
でもコアはマグネじゃないから他のも買ってね!商法は当時でもやめてくれって思ってたなあ。

20210429_125018

ちなみに今回は大盤振る舞いで、
当時のサポートパーツとブレードベースに貼れるシールが付属です。

ドライバーとディスクに貼れるようになっているんですが、
ディスクに貼るシールって…初めてですよね…?
とりあえず貼れるのがホイール限定かがはっきりしてから貼ろうと思います。


・回してみた感想。

20210429_124247 (1)

反射が酷いので撮影がしんどい…

形状的にそんな変わらないかなあと思っていたのですが、
バーストは格段に減りました。
真ん中までロックが進んだとしても
そこでなんとか止まって耐えれる場面が多くなってます。

20210429_124115

DBスタジアムで使っているからかもしれませんが、
今の所ドラグーンVみたいにレイヤーが吹っ飛んで行く現象は起きてません。
ドラグーンシリーズ共通の弱点であったバーストのしやすさはかなり改善されていますね。

流石にスタンダードベイスタジアムではちょっと怪しいところではありますが、
現実的に勝ちが狙えるラインが見えてきたのは嬉しいです。

メタベイ復刻系は見た目のクオリティと組み換えギミックと引き換えにロックを失いましたが、
これである程度対等に戦えるようになった…と思います。
ランブー同時収録のヘルケルベクスとぶつけると
かなり勝てるくらいの実力はあるので、
今後もっと改造を考えていきたいところですね。

そしてあわよくばGも復刻してもらって、
5G全部ドラグーンデッキを楽しみたいですねえ…


・おまけ

20210429_125402

とりあえすいつものウォールヴァリアブルが楽しいです。