20210424_103308

新世代は原点回帰。



こんにちは、つゆこです。
本日はついにDBシリーズ解禁ですね。
とりあえず新製品は押さえてあるので、
後は書ききれるかどうか…

20210424_100432

ランブーはもちろんありますよ!

20210424_102604

ということでダイナマイトベリアルです。
今回からパッケージが一新され、
非常にコンパクトなサイズになりました。
サイズ感的にはデュアルレイヤーとか超Zの時のブースターサイズを横にした感じでしょうか。
かなり平たく、コンパクトになったので、
収納に困らなくなりましたね。

ヨドバシカメラから届いた時にはダンボールがかなり薄くて、
これ本当に8個入ってるのか?って思うくらい。

20210424_102618

裏面。
裏面デザインは前例を踏襲している方だと思います。
強化パーツ第一弾はファブニルらしいですが、
最終的にどんな感じになるんでしょうか。
色がごちゃまぜになりそう。

20210424_102718

中身はこんな感じ。
レイヤー、ディスク、ドライバーと3点セットなので、
梱包も非常にシンプルです。
デュアルレイヤー並みですね。

20210424_103431

パーツ構成はこんな感じ。
パっと見は本当にデュアルレイヤーとか超Zの初期に見えますね。
正面から見るとディスクも特に違和感がないので、
この時点では目新しさがあまりありません。


・レイヤー(DBコア、ブレード、アーマー)

20210424_103507

レイヤーはダイナマイトベリアル -2です。
超王レイヤーに続いて、
名前の最後にもレイヤーパーツの一部の名前が入るパターンですね。
パッケージのアルファベット表記的にはDBL-2みたいです。

ヴァルキリーとアルタークロノスを足して2で割ったような見た目に、
ルシファージエンドのチップをくっつけたみたいな感じ。
ヴァルキリーと違って横向き顔なので、
刃が顔に対して若干オフセット気味になってるのは好みが分かれるところかも。

20210424_103517

裏面。
これだけ見ると超Zレイヤーっぽさがありますが、

20210424_103740

形は変われどレイヤー3分割システムは継続です。
左からDBコア、ブレード、アーマーと呼称されています。
そのうちコアをチップって書いたりブレードをリングって書く未来が見えます…


・DBコア

20210424_103813

DBコアはベリアル。
記念すべきDBシリーズ初のDBコアです。
見た目はスパーキングチップにメタルが付いたような、
かつてのディアボロスチップのような見た目です。
実際この金色部分はメタルなんだろうな、
だからコストかかってるんだろうなあと思ったのですが、

20210424_103817

なんとこの金の部分、メタルじゃないです。
ちょっと肩透かしを食らった気分です。
お前いかにもメタルですって見た目してるやん!

20210424_103834

見えづらくて申し訳ないですが、
ロックはオーソドックスな4ロック。
GTシリーズのようにチップ部分にロックが戻りました。
加えてレイヤー全体をロックする機構もチップ側に移動しました。
それを含めて名前がコアに変わったのでしょう。

ロック機構自体はGTシリーズのようなカチッとスライドする式ですね。

個人的にはチップ…コアに性能差はあんまり出してほしくない所なんですが、
今後どうなるんでしょうか。

20210424_104235

ディアボロスチップと比較。
第一印象はまさにこれ。
これがあるからメタルの先入観があったんですね…

20210424_104531

進化の遍歴。
変化した点はといえば、
超Zシリーズのようにレイヤー中心に丸い意匠が盛り込まれなくなった所でしょうか。
レイヤーによってはデザイン的に無理がある所に穴が空いていたり、
顔のど真ん中ぶち抜かざるを得ないデザインのレイヤーもあったので、
デザイン的にはアリかもですね。




個人的にはファブニルがガイストのように宝玉を握った龍に戻るのを期待してます。
やっぱりガイストが一番格好いい!

…ベリアルに話を戻します。


・ブレード

20210424_104606

リングって書きそうになりました。
ブレードはダイナマイト。
チップ…もといコアが大きくなり、
レイヤー全体を固定する部分もコアに移動したため、
爆転時代のアタックリング並みに細くなりました。
内側から後述のアーマーが支える形になるので、
強度面は大丈夫そうかな。

20210424_104615

裏面。
強度面の問題もあってか、
この手の形状のレイヤーにしては肉抜きが少なめです。
あるにはあるんですが、
一つの肉抜きが3分割されている感じで、
強度を少しでも底上げしようという意図が感じられます。
タカラトミーの人、違ったらごめんなさい。

あと進化パーツが嵌りそうな溝が何か所かありました。

20210424_104634

前シリーズの右回転主人公、
スーパーリングと比較。
シリーズ最初のレイヤーは入門機的にシンプルなのが通例ですが、
このダイナマイトブレードも特にギミックがなくシンプルです。


・アーマー

20210424_104655

ウエイト…アーマーは2。
コアディスクとごっちゃになってややこしいですが、
ハイフンが入るだけ超王シリーズよりは分かりやすいです。

旧世代のウエイト、またはシングルシャーシの当たる部分で、
レイヤーのメタル部分を担うパーツになっています。
見た目はレガリアジェネシスとかの無限ロックベイの周りに付いていたメタルパーツっぽいです。

若干楕円っぽいのもそれっぽい。

20210424_104704

パッケージの説明では、
上下2箇所に重心が集まっていることで攻撃力が強化…と書かれていますが、
かなり平べったいパーツなのでそんなに重心が変わっているってこともない気がします。

それとも上下って真上から見た時の話…?

20210424_104713

ちなみにベイバの金属パーツおなじみの星マークはありませんでした。
ロットナンバーは刻印されていました。
あの星ってそんなに意味はないと思いますが、
4だとなんか嬉しいですよね。


・DBレイヤーのギミックについて

20210424_104745

発売前からアナウンスされていたことなので、
ご存知な方も多いと思いますが、
DBシリーズのベイは全ベイ共通してモードチェンジギミックがあります。
…なんかそのうちまた一体型レイヤーが出る気もしますが…

今まで写真を上げてきたモードはローモードでした。
実はローモードの状態だと既存のディスクとの互換性がありません。
後述のディスクの項目で説明しますが、
高さの要素をベイ全体に盛り込んだ結果ですね。

しかし流石はタカラトミー、
互換切りは衰退の原因になることを学んでいます。
DBレイヤーはハイモードと呼ばれるモードチェンジを行うことで、
既存のディスクを装着することが可能になります。

高さの概念はディスクの説明まで置いておいて、とりあえずモードチェンジの仕方から。

20210424_104832~2

まず、一個前の写真のようにレイヤーを全バラしてから、
ブレードの下にコアが来るようにはめ込みます。
ちなみにバラす時は先にチップから外さないとウエイトが引っかかるので注意です。

20210424_104900

そして今までレイヤー裏面に来ていたアーマー部分をリング上部にはめ込むことでハイモードになります。
モードチェンジというよりは組み換えですね。

20210424_105017

このように今までのレイヤー分割システムとは違い、
一つのレイヤーだけで2パターンのモードチェンジを既に兼ね備えている状態になるわけですね。
ローモードに関してはディスクが限定されますが、
ここで互換切りせずに性能変化を盛り込んできたタカラトミーは凄いなあとしみじみ。


ちなみに重量ですが、
確か公式動画で小型化したけど強い!
と宣伝されていました。
てっきり私は小型重量化でメタベイチックになるのかと思っていたのですが、

20210424_105237

コアが6.95

20210424_105246

ブレード5.59

20210424_105255

アーマー13.56

20210424_105318

全体26.12gでした。
意外と軽い…というか超王シリーズの中でも最軽量クラスなのでは?と重い、

20210424_105341

スーパーハイペリオン 1Sで比較。
大体同じくらいでした。
これは意外。

20210424_105403

ちなみにウイニングヴァルキリーで20.39でした。
案外アキレスもこんなもんだったと思うので、
主人公機の重さはあんまりインフレしてないんですね。

20210424_105537

ちなみに小型化したとはいえ、
超王初期リングよりは大きいです。
超王シリーズの場合ダブルシャーシが強烈なので一概に比較はし辛い所ですけどね。

20210424_105651

流石にルシファージエンドよりは小さいです。


・ディスク

20210424_105729

ディスクはネクサス。
名前はカッコイイですが見た目は旧世代アルファベットディスクと同じ感じ。
ウイングディスクみたいな羽がついているのですが、
特に説明にアッパーだのダウンだの書いてないので空力パゥワーはなさそうです。

20210424_105738

こっちには星ありました。
星1/

20210424_105750

普通に見るとただのディスクですが、
横から見ると既存のディスクとの違いがありますね。
また、ディスクの下の刃と上の刃の間辺りに強化パーツが入りそうなスリットがあります。

20210424_111512

重さは30.46。
ホイールディスクとほぼ同じくらいでしょうか。
レイヤーと同じくこっちも重量化したわけではなさそうです。


そしてこのネクサスディスクを始めとした、
DBディスクの真のギミックなんですが、

20210424_105950

既存のレイヤーでは真価を発揮出来ません。
いや互換性はあるのですが、
DBレイヤーのローモードに合わせたサイズのため、
既存レイヤーを付けるとバカみたいな見た目になってしまいます。
隙間がポッカリ。

20210424_110033

ローモードのDBレイヤーにつけるとこの通り、
せり出した部分がレイヤー内部に入り込みギュッと洗練された見た目になります。
このローモードのフィット感、たまらないです。

原点回帰というか、
ゴテゴテしていたベイブレードバーストが
初期の小型でシュッとした感じに戻った気さえします。

20210424_110038

裏から見るとこんな感じ。
レイヤーのアーマーとディスクが一体化しているかのように見えます。
美しい…

20210424_111319   

後々記事を書く恒例のセット付属のベリアルを使って高さ比較。
ハイとローだとこれくらい高さに差が出ます。
というかハイモードにDBディスクは見た目がカッコ悪過ぎるのでおすすめしません。

20210424_111427

余談ですが、
ハイモード+既存のディスクでも若干隙間は出ます。


・ドライバー

20210424_111633

ドライバーはベンチャー。
テケテケテケテケテケ。

フラット軸+ラバー+ギザギザ軸というベイバアタックドライバー3大要素をブチ込んだ変態ドライバーです。

20210424_111701

横から見てもゴッテゴッテで面白い。
外周のギザギザはラッシュシュートすると使えそうですね。

20210424_111710

拡大。
軸先はアクセルよりは細くてブロウくらい、
ラバーは直径だけならヴァリアブル並み、
ギザギザはすんごくギザギザ。
アタックモリモリに見えますが、
案外持久もありそうです。

20210424_111829

実は背が高めで、
ボルカニックよりちょっと低いかな?くらいでした。
同時発売のランブーラグナルクのドライバーよりはかなり背が高いです。

20210424_111849

重さは7.81g。
ドライバーの重さはそんなに気にしなくても良い気がしますが、
結構ごっつい見た目の通りわりと重さがあります。


あと、意図的なのか個体差なのかわかりませんが、
普通のドライバーと比べてバネが固い印象があります。
ボルカニックダッシュとそんなに差を感じないんですよね。
もしかしたらもしかするのかもしれません。

20210424_111919

ベイ全体の重さとしては64.40gでした。

20210424_111942

デスソロモンは70.64だったので6g程軽いですが、
意外と組み立てると重めなんですねえ。


・回してみた感想。

20210424_113003

新スタジアム導入しました。
スタジアムのレビューはのちのち…


回してみて感じたのは、
なんかわからないけど強い。
どんな相手でもとりあえず五分五分のオーバー対決に持ち込めますね。

まだ第一印象なので変わってくるとは思いますが、
スタジアムがこのシリーズに合わせたものになっていることもあってか、
とにかくドライバーの踏ん張りと加速で、ガッツリ相手にぶつかります。

20210424_132215

スタジアム自体は大きくなっているんですが、
平た目なエスケープゾーンが増えたのと、
ポケットが1つ減った代わりに大きくなったので、
小さめのベイでも大きめのベイとやれる、
そんな感じでした。
送り合いなんて知らねえ、弾き出すか出されるかの2択や!って感じですね。

ラッシュシュートに関しては、
割と自爆オーバーしがちです。
フラット気味にシュートする方が逆に当たりに行けると思います。

あとは持久力がアタックタイプの割にかなりありますね。
暴れ終わったあとの終盤でも、ブレることなく回れるので、
軸先の摩耗したデストロイに近い感触があります。


とにかく新スタジアムをホームグラウンドにして味方につけているベイ、そんな感じがしました。
実際旧スタジアムだと小ささが不利になる場面がちょいちょいあったので、
新スタジアムで真価を発揮すると思ってもらっても良いかと思います。

ハイとローの検証はまた別記事で書きます。
このシリーズに関してはいくつか分けてこうかと。
後はDBディスクに合う送り合いドライバー探しですねえ。
ドリフトとユニバースは使えると思うんですけど…どうでしょうか。


・おまけ

DSC_1701


DBコアだけでレイヤーになりました。
ちょっとハザードケルベウスっぽい。
真似する時は自己責任で。