IMG_0996

左回転はロマンですよね。



こんにちは、つゆこです。
今回はベイバ初心者向けな記事かもしれません。
また、独自の見解が入りまくっているのでご指摘等あればなんなりと。


現在までのベイブレードバースト界隈で避けては通れないのが、
逆回転同士の送り合いです。
昔はもっと色々表現の仕方があった気もしますが、
今回は送り合いで統一します。


・送り合いとは

私的送り合いというのは、
逆回転VS逆回転のバトル終盤のでのどつき合いによる違いの回転吸収合戦のことを指します。

ベイバは当然右回転、左回転、はたまた
両回転と種類がありますが、
逆回転同士だと、回転力を押し出す方向が同じ向きになります。

↩︎×↪︎

こんな感じですね。
違いに逆方向にぶつかると、
その回転力をお互いに押し合うわけです。
それが続いての止まり際、
最期の粘りの強さが物を言うようになります。
2年半程前は、
スプリガンレクイエム×ベアリングで相手に対して確実に逆回転を取ることで環境を支配していた時期がありました。

現在では左回転、両回転ベイが増えたこと、
ルール上両回転ベイがデッキに1個しか入れられなくなったことから、
単回転の他のベイにもある程度の送り合い性能が求められるようになってきたわけです。

そこで、王道も含め、
比較的送り合いに強い改造をザッとまとめてみました。
中には送り合い特化過ぎて同回転に弱いのもありますが、
それはそれで…


・ベアリング

IMG_0997

登場から未だに現役の元祖送り合いの鬼です。
時代を経るごとに、
バンプ、リフト、アウター、ウォール、
バンガードと合わせるディスクが変わってきますが、
持久、倒されにくさと基本性能の高さは健在です。
ベアリングドライバーのみロックのバネが緩い欠点がありますが、
ロードスプリガンの登場により殆ど気にならなくなりました。
最近の超王シリーズはバーストしづらいため、
これに合わせた新しい改造も出てくるのではと思います。
シャーシで言えば、1Aとか1Bとか。


・エクステンドプラス

IMG_0998

登場初日はあまり騒がれませんでしたが一週間後には必須パーツに躍り出ました。
単純にドライバーの形状だけで送り合いを制する、
ベアリングよりもディスク、レイヤーを選ばない最強クラスのドライバーだと思います。
モードチェンジが可能なので、
同回転に当たっても持久勝負、アタック勝負に持ち込めるのが強みですね。

リヴァイブフェニックス本体+デッドアーマーでの組み合わせは長らく猛威を振るいました。
アウター、エクステンドプラス共に手に入りやすくなったので、
比較的組むのが容易なベイになったのではと思います。
勿論アウター以外にも順応してくれるのがありがたいですね。


・エキスパンドフレーム&デストロイ(ダッシュ)

IMG_0999

デストロイのお皿とエキスパンドの角度が丁度よく、
お皿の周り具合によってはベアリングにも匹敵する送り合い性能を見せる組み合わせです。
ダッシュドライバーが存在するので、
ロックの緩い、バーストしやすいベイにも合わせやすいのが長所ですね。
また、元がアタックタイプなので同回転に当たったとしても勝機はあります。
短所は長所の真逆で、
アタックタイプが故に先述のドライバー程は持久力がないのが欠点でしょうか。
それでも並のドライバー以上にはあるんですけどね。


・ウォールフレーム+ホールドor覚醒しきったヴァリアブル

IMG_1001

こちらは若干変わり種です。
これもデストロイダッシュと同じく、
ホールドのお皿とウォールの皿部分の角度を噛み合わせて送り合うタイプです。
これも長所と短所がデストロイと似てるんですが、
角度がシビアなのでウォールフレームの削れ具合によっては直ぐダメになってしまう欠点があります。

また、ホールドの空転具合でも左右されるのでちょっと安定性に欠ける部分もあります。

ヴァリアブルに関しては本当にネタです。
緩く撃てば送り合い出来ますが、
全力で撃つとウォールが擦ってしまってまともに回せません。
一応案としてはこんなのもありますってことで。


・メテオその他諸々+ユニバースドライバー

IMG_1002

これは最新のヤツですねえ。
ユニバースドライバーのリングで送り合いを狙う改造です。
長所としては、
単独持久が割とあるため同回転に当たっても勝機がある点、
軸先がボール上のためアタックタイプをいなせる点、
最新のランブーに入っているため入手がそこそこ容易な点でしょうか。

短所は全力で平行に撃つと自爆オーバーまっしぐらなので、
ラッシュシュートが半ば必須な点、
合わせるディスクによっては止まってしまう点があります。

ただ、現状こいつは2Aシャーシで送り合いができるので、
超王シリーズの右回転ベイはある程度送り合いをこなせるようになるのでオススメです。
まだ未知数の部分もありますが、
今後増えてきそうな気がします。


・電動ドライバー

IMG_1003

こりゃ言うまでもなく形状で転がれるタイプのドライバーです。
巷では電池の電圧でモゾモゾ動かすみたいな話があるそうですが、
それは色々グレーな気がしますので、それ抜きで書きますね。

メリットは電動パワーでの単独持久と、
自滅オーバーが少ない点、
ディスクまで含まれているのでシンプルにレイヤーだけを選べば良い点です。
正直この形はずっこいレベルでくるっと回るので、
扱いやすさは抜群だと思います。

短所はグレーゾーンが広い所でしょうか…
その辺は私もどこまでセーフなのかよくわからないので割愛します…



・まとめ

如何だったでしょうか。
あんまり参考にならないかもしれませんが、
私的見解としてはこんな感じです。
後はライズドライバーとかもあるんですが、
意外と送り負ける時があったので除外としました。

個人的な使いやすさは
エクステンドプラス≧電動
ベアリング>ユニバース>
デストロイ>ホールド>
でしょうか。
汎用性的にはエクステンドプラスとユニバースですかね。

ちょろっと書いたウォールとヴァリアブルみたいに、
意外な組み合わせでそこそこ送り合いが出来てしまう組み合わせもあるので、
これを参考にしながら自分オリジナルな送り合いの形を作ってみるのも良いかもしれません。