IMG_3013

リングの回転を邪魔しなければなんでもいけます。




こんにちは、つゆこです。
この記事は前日の深夜に書いてます。
深夜になると元気になるんですよね…困ったことに。

IMG_3002

今回はユニバースドライバーにあった
シャーシとディスクの選び方についてです。

IMG_3001

これについては単純明快、
リングパーツの回転を邪魔しないか、
外重心の場合は変に偏ってないかで変わってきます。

IMG_3003

個人的に1番しっくりくるのが2Sシャーシですね。
せりあがる方向が上なので、
リングの回転を邪魔せず送り合えます。

IMG_3004

写真が微妙ですが、
シャーシが擦ってないのがお分かりでしょうか。

IMG_3006

ちなみにダブルシャーシは大体ユニバースが使えます。
まず1B。

IMG_3007

1Aもギリギリ擦りません。

IMG_3010

2Aはラバー攻撃を残しつつ、
最後の粘りの際にラバーを擦らないので一石二鳥です。

IMG_3008

クソ画質ですが、
3Aシャーシでも充分擦らずに行けますね。
ただ、レイジリングと合わせる時はバランスが2極に偏るので、
同じユニバース同士だとちょっと分が悪い所がネックかなあ。


IMG_3011

ディスクに関してもリングが擦らなければなんでも行けます。
逆に言えばターンフレームやウォーフフレームといった、
下にせり出したフレームは相性があんまり良くないです。
リングが埋まっちゃうとユニバースの旨味が削がれてしまいます。

IMG_3012

シャーシだと2Dシャーシがモロそれを喰らいますね。
折角のリングが埋まってしまうので、
ユニバースの長所を生かしきれません。
ラバーが千切れれば変わってくると思いますが、
生憎まだそこまで千切れる気配はありませんでした…


まとめとして、

・2Sシャーシが理想だが、
擦らなければ基本他でも良し。
・ウォールや2Dシャーシのように下に伸びたディスク及びフレーム、シャーシは回転が伸びづらい。


いったところでしょうか。
あくまでも私の見解なので絶対というわけではないのですが、
ユニバースドライバーを使う際は
リングがスタジアムに擦るかどうかを見て
判断すると良いかなあと思います。

こうして今日もユニバースドライバーの研究は進んでいくのです…
ユニバース万歳。