IMG_1935
ちょっと無理そうな気はしますね…



こんにちは、つゆこです。
いよいよ来週バリアントルシファーが発売、
目玉の2Dシャーシを引っさげての登場です。
そこでユニバース信者が気になるところは2Dシャーシにユニバースが使えるのか、
その一点に尽きるかと思います。
たぶん。

そこで、
公式の動画を見つつ、
形状が比較的近そうなドライバーで高さを見てみることにしました。


そもそもユニバースドライバーが送り合いに強いのは、
外周のリングパーツが回転して最後のひと伸びに繋がってるからなんですね。
軸先のフリー回転はそこまで影響してません。

IMG_1933

まずはぱっと見一番似てそうだったウォーはフレームから。
これはやっぱりリングパーツが埋まってしまうので送り合いは厳しい印象でした。
ウォールに関してはホールドやベアリング、ヴァリアブルの方が上手く引っかかってくれるんですよね…残念。

IMG_1934

次にラチェットディスク。
これもやっぱり下に伸びたディスクなのでリングパーツが埋まってしまいます。

動画を見た感じ、
2Dシャーシはダブルシャーシであることを加味しても、
かなり下にせり下がった見た目をしているので、
発売前の感想としては厳しそうかなあと行った印象です。


IMG_1936

横から見て埋まっちゃうと厳しいですね…やっぱり。
ライズとかベアリングとかは相性良さそうな気はしているので、
ルシファーは別シャーシ運用が一番可能性あるかなあ…