IMG_8291

袖付き!?



年内にどうにか上げたかったネイキッドです。
完全に気持ちがドラグーンに行っていて後回しになってしまいました。
ごめんなさい。
にしてもスプリガンチップはもうちょい早く再録くるかなあと思ってました…

IMG_8108

レア2の方を先に書いてしまいましたが、
こっちはレア1です。看板です。

最近のランブーのトレンドの通り、
レア枠ベースは色を変えてもう一枠で同時収録です。
そういえばフレアベースで2個収録になってから
この類は1度も再録がないですね。

IMG_8292

パーツ構成はこんな感じ。
ディスクが馬鹿でかいですね。


・レイヤー(ガチンコチップ、ウエイト、ベース)

IMG_8293

レイヤーはネイキッドスプリガン 天。
見た目に高級感があって素敵ですねえ。
ランブーは2連続で左回転ベイと、
一昔前では考えられないラインナップです。

左回転同士のマッチアップもありふれた光景になってきましたし、
来年はどうなっているでしょうか。

IMG_8294

バラすとこんな感じ。
宣材写真だとクリアっぽかったですが、
実物は普通の青でした。


・ガチンコチップ

IMG_8295

ガチンコチップはスプリガン。
初再録です。
両回転対応はどんなベースにも対応できて収録しやすそうですよね…

IMG_8296

ざっと使った感じそんなに違いは感じなかったのですが、
ベースにつけた時のロックの浮きが少なかったような気もします。
たぶん個体差かなあ。

IMG_8297

青スプリガンが出たのでスラッシュベースに合わせてみましたが…
目が赤いのであんまり合わないですね。
なんで目を赤にしたんだ…


・ウエイト

IMG_8298

ウエイトは天。
初期ウエイト3兄弟のうち以外と再録されてない印象ですが、
それでも再録自体は多いです。
斬の方が使われてる印象がなんとなくあります。

IMG_8300

星4でした。


・ベース

IMG_8301

ベースはネイキッド。
今回の目玉パーツの一つですね。
前回のギミックもりもりなタクトベースとは打って変わって、
こっちはベース自体には特にギミックはありません。
まさに壁のような分厚い5枚刃が特徴です。

IMG_8302

金色の部分は塗装です。
絶対シールだろうなあと思っていたら良い意味で裏切られました。
かなり綺麗に彩色されてると思います。

IMG_8306

裏面。
本当にごっついです。
後述しますが、
あるギミックのために溝が深めに掘られています。

IMG_8309

裏面を横から見ると。
エグいくらいの刃の角度です。
ここまで切り立ったレイヤーって今まであんまりなかったですよねえ…
ある意味エアナイトとかくらいじゃないかなあ。

IMG_8304

ドラグーンFと比べると切り立ち具合が凄いです。
ドラグーンが薄いのもあるんですがそれにしても縦に大きい…


IMG_8305

インペリアルとだと流石にインペリアルの方が若干高い気もしますが、
それにしても段差のない壁がドスンと付いているのは威圧感が凄いですね。

IMG_8308

大きさ自体はライトニングエルドラゴと同じくらいです。

ちなみにロックは割と固くなる部類です。
バハムートチップでもしっかり7ロックを感じられるくらいには高さが出ます。
アタック運用しても面白いかもしれませんね。


・ディスク

IMG_8310

ディスクはパラドックス。
レイヤーを受ける部分が金属じゃないのは違和感がスゴイですね…

IMG_8313

外周部分は分離出来ます。
これが最大の本作のギミックで、
実は金属面が表の時はネイキッドベース専用になります。
上の写真の右パーツを見てもらえるとわかりますが、
突起が2つ付いております。
これが普通のレイヤーだと干渉して上向きに付けられないんですね。
確かにこのまま付けられてしまうとがっつり干渉しちゃうレイヤーがありそうであります。

これをネイキッドベースに合わせますと、

IMG_8319

こんな感じになります。
裏面からだと分かりづらいですね…

IMG_8318

こんな感じで、
ネイキッドベースとディスクが一体化します。
ただでさえそり立つ壁がさらに強化されてしまいます。
えらいこっちゃ。
シンプルなんですがわかりやすいギミックですね。

とうとうディスクと連動するギミックとは…
その内ドライバーとかも連動ギミック出てきそうですよね…

IMG_8314

ちなみにさっきの状態だと他のレイヤーに取り付け出来ないので、
他のレイヤーの際にはひっくり返した状態にします。
(表面はネイキッドベース以外には取り付け出来ないと公式で記載があります)

ただ、ひっくり返した状態だと外側部分が固定されないので非常に不安定そうです。
これは固定方法が実はあるんでしょうか。
もしあれば誰か教えて…

IMG_8316

ゼロウォールと比較。
おそらく今までのディスクで一番直径がデカイと思います。
ウォールよりデカイです。

ただ、今までのディスクにあたる部分、
中央部分が金属製ではないので、
全体的な重さはゼニスディスクくらいです。
最近のディスクにしては軽めですね。

IMG_8317

ドラグーンVを乗せるとすっぽり収まりそうな勢いです。


・ドライバー

IMG_8320

ドライバーはオービットメタル。
初再録です。
この手のドライバーは再録されづらいと思ってたらいきなりランブーかあ。

IMG_8321

ツイッター見てるとちょいちょい錆びる報告を目にしますが、
そもそもあんまりオービットメタルを使ってなかったので
イマイチ実感がありませんでした。

どうしてもメタルボールだとフリー回転がおっつかずに暴れてしまうので、
プラネットくらいの大きさが一番使い勝手が良いのではと思っております…


・回してみた感想。

IMG_8324

形状が優秀だからか、
あんまりバーストしないなあという印象。
側面についた傷を見ると、
がっつり壁部分で受け流しているようなので
あの特徴的な刃の効果はありそうですね。

重さの割に安定して回ってくれるので、
左対左でも比較的うまく立ち回ってくれます。
ヘルサラマンダーあたりだったら持久戦に持ち込まなくてもバースト出来そうな気はしますけどね。

対右についてはあんまり数こなせてないので感想だけですが、
送り合いは充分出来ているかなあと思います。
ただパラドックスディスクと一体化している時のドライバー選択が難しいので、
その辺は要考慮といったところでしょうか。
恐らくディスクが過去最大級に外重心なので、
コテンとバランスを崩しやすいんですよね。

IMG_8325

総じて前回のタクトロンギヌスとは毛色が違って面白いベイだなあと思います。

ベース自体にはギミックもメタルもないので、
初期3GTレイヤーとほぼ同仕様なのでさが、
形状がかなり極端なので個性はしっかり出せていると思います。
典型的なランブーの当たり枠っぽいベイだなあと。


…ただ問題点が一つあって、

IMG_8314

パラドックスディスクをひっくり返した状態で使うと外周パーツが固定されず、
シュートを打つ際に遠心力で動いてしまって
まともにシュートできないんですよね…

取説とか読んだんですが特にロックがあるわけでもなさそうなので、
このまま使うしかないのかなあ…

ネイキッド連動モードの時はちゃんと挟まる感触があるので
勝手に動いたりはあんまりないんですが、
ここが固定されないと
送り合い用ディスクとしても使えないので悩みどころです。

うーん、解決策があったら誰か教えてください…