IMG_6031

歴代最強スプリガン。



ここの所心が折れそうなくらい忙しく、
全くブログに手をつけられませんでした。
ヘロヘロです。
もう少し余裕が欲しいですね…


本日発売のGTトリプルブースターセットですが、
ランブーに習って1個ずつレビューを書きます。
従いましてトップバッターはもちろんロードスプリガンで。

IMG_5995

パッケージはこんな感じ。
まさかここでスプリガンが来るとは思いませんでしたね…
右、両回転、左でそのまま実戦投入出来そうな構成です。

IMG_5998

中身はこんな感じで梱包されてます。
オクタの存在感がすげえです。


それでは今回はロードスプリガンから。

IMG_6001

パーツ構成はこんな感じ。
ブリッツってやっぱり凄え見た目してますよね…


・レイヤー

IMG_6002

レイヤーはロードスプリガン。
ついに6代目のスプリガンですが、
見た目がかなり主人公機っぽくなりましたね。
アキレスみを感じます。

IMG_6003

今回のロードベースはウエイト内蔵型のため、
チップとベースに分けてレビュー。


・ガチンコチップ

IMG_6004

ガチンコチップはスプリガン。
正直なところ今までのスプリガン感は然程ありませんが、
主人公機っぽくてかっけえですね。

IMG_6005

両回転ギミックですが、
ディアボロスチップと同じタイプでした。
両回転刺さるように細いロック部分に溝が切られています。

IMG_6006

ロックは見ての通り。
固さはほほ同じくらいな気がしますね。
重さならディアボロス、ウエイトまで考えるならスプリガンと、
住み分けができているのが良いですね。


・ベース

IMG_6035

ベースはロード。
初のウエイト一体型ベースです。
カナロアチップとかクエストチップとかガルーダチップが出ればなあ…

IMG_6009

神レイヤーから続くスプリガンの両回転ギミックですが、
今回から大きく仕様が変わりました。

写真の青い部分の突起を回すだけで…

IMG_6010

左右の回転を切り替えることができます。
ただ、チップを外さないと回転方向は変えられないので、
ツールが必要だった先代までと然程手間は変わらないような気もします。

あとはスプリガンチップ装備時の回転方向切り替えはモードチェンジ扱いになるかどうかですね…
流石に大丈夫だとは思いますが。

FullSizeRender

当然ながら右回転のヴァルキリーチップでロードヴァルキリーにも出来ますし、

IMG_6036

左回転のロードファブニルにも出来ます。
個人的にロードファブニルの見た目はツボですねえ。

IMG_6012

また、もう一つ凄まじいのが、
赤いところの大部分がラバーになっている点でしょうか。
この時点でウィザードベースのお株を食ってしまっている気がします。

スプリガンレクイエムはそこまでラバーの当たる面積は大きくなく、
形状で送り合い性能を補完していたのですが、
今回のロードスプリガンは形状よりもラバーの摩擦で送り合い性能を高めている気がします。
また、ジャッジメントジョーカー的に
ラバーでのバーストもがっつり狙えそうな大きさです。

また、ラバーの面積的にバーストしやすそうだと思われがちですが…

IMG_6016

極め付けはまさかのディスクストッパー。

ジャッジメントベースはラバーでしたが、
ロードベースはただの突起でした。
しかしながらこれが鬼のように固く、
ダッシュドライバーだとベイを組む時にかなりの力を必要とします。
すんげえ固えです。
ここも使っているうちにどんどん磨耗しそうですが、
それを補って余りあるロック面の強化で
した。

…ここまで優遇されて良いのか…?

IMG_6033

レジェンドスプリガンと比較。
形状だけなら1番レジェンドスプリガンに近い気がします。
楕円ぽいのも似てますね。

IMG_6032

ラバーはスプリガンレクイエムから。
まさかここまでラバーてんこ盛りになるとは思ってませんでした。
見た目はあんまり似てないような気がします。

IMG_6034

超Zスプリガンと。
オリジナルカラーを部屋のどこかにやってしまったのでロイヤルな方で。
超Zスプリガン要素はカラーリングとストッパーでしょうか。

ちなみに大きさ的には超Zスプリガンより小さいですね。
GTシリーズの中ではかなり小さい方だと思います。


・ディスク

IMG_6017

ディスクはブリッツ。 
なんだかんだで初再録ですね。
個人的にブリッツディスクは好みで、
見た目の割に然程バランスが悪いわけでもなく、
かなり重くギミックが働いているのもわかりやすいという、
使っていて楽しいディスクです。

結構がっつり外側のパーツが抉れてたりするので、
しっかり当たっているみたいですね。

IMG_6018

星4でした。
クリアパーツが黒なのはウォールフレームの黒を意識しているのでしょうか。

FullSizeRender

赤と比較。
合わせやすい色だと思うので、
改造の色合わせに役立ちそうです。


・ドライバー

IMG_6020

ドライバーはディメンションダッシュ。
超Zアキレスのドライバーでしたが、
一般流通品での再録を待たずにダッシュ化されて収録です。
レイヤーとディスクとランチャーに話題を取られてイマイチ人気がなかったディメンションですが、
個人的にフレームを吟味すれば送り合いもカバー出来たりと、
汎用性がかなり効くので個人的にはオススメです。

…器用貧乏とも言うんですが。

IMG_6022

カラーリングはゼータダッシュとかと同じ感じ。
ソリッドな赤ですね。


IMG_6021

軸先は白。
無段階ギミックの固さは十分あり、
回している間に勝手に変わることは余りなさそうですね。


・回してみた感想。

IMG_6026

控えめに言っても歴代スプリガンの中では最強だと思います。
レジェンドスプリガンより重く、
スプリガンレクイエムよりラバー面積が広く、
超Zスプリガンより持久力があるような、
今までのスプリガンの集大成…というよりも全部乗っけに近い強さだと思います。
デフォでもかなりの持久力で、
同回転相手でも競り勝てる持久力と、
ラバーを攻撃にも吸収にも転用できる汎用性はまさにバランスタイプの申し子も言ったところでしょうか。

ツヴァイロンギヌスやジャッジメントジョーカーなんかの、
アタック最強説を容易に崩せるような、
これまた大会でもよく見かけるベイになるのではないかと思います。

弱点というか微妙なところとしては、
ロックを奥まで回し切った状態だと遊びが大きいのか、
レイヤーがかなりガタガタ動いてしまう点、
送り合いについてはかなりシビアにパーツを選ぶ点でしょうか。

ガタガタ動いてしまうのは初期不良だと思ったのですが、
チップの構造を見る限り仕様っぽそうでした。
逆に遊びがあるのでバーストされにくい…ような気もします。

送り合いについては、
基本的にベアリングとかでも良いと思います。
が、エクステンドプラスはあんまり合ってなさそうでした。
個人的には送り合いと攻撃が両立できるホールドダッシュがオススメです。



これの登場で8/25のG1がまた読めなくなりましたね。
凄まじいポテンシャルを秘めているベイだと思うので、
パーツ取り的にも、スプリガンマニア的にもオススメです。
オービットメタルとオクタと幻もありますしね。
良い買い物でした。


…ただ強すぎるよなぁ…ラバーでかすぎストッパー固すぎよなあ…