IMG_9377

正解はリフトフレーム



個人的に好きなレイヤーであるジェイルヨルムンガンドなんですが、
デュアルレイヤー時代のレイヤーであるためか、
神シリーズまでなら兎も角、超Zレイヤーには太刀打ちできない状態で、
しばらくヨルムンから離れていた現状です。

そもそもこのブログはジェイルヨルムンガンドでレクイエムに勝ちたいってブログだったはずなので、
レクイエムまだ環境上位にいる現在でなんとか最適解を出したいところなんです。

そんなこんなでしばらく考えていた改造なんですが、
リフトフレームとヴァイスレオパルドの登場で大きく変わりました。

IMG_9376

ジェイルヨルムンガンド.10L.Plです。
またプラネットかよ。

兎も角現環境においては、
レイヤーの重量で押し切られてしまうため、
ヨルムンとかサイキックファントムくらいのロックの緩さだとそれはもう豪快にバーストしてしまうわけです。

そこでリフトフレームの直径を生かして、
(フレームの流行も生かして)
レイヤーの前にフレームにぶつけて、
なるべくロックが進まないようにする戦法に出たのです。
テンディスクとプラネットでどっしり内重心、
どうにか凌いでスピンフィニッシュに持ち込むのが戦術です。

綺麗事言ってるように思えますが、意外とこれが強い。
どう頑張ってもガチンコ勝負じゃ超Zレイヤーに勝てませんからね。
ある程度はフレーム頼りになってしまうのは仕方がありません。

この改造だとヴァイスレオパルド赤デフォあたりになら充分勝てます。
デフォでいいならゼットアキレスなんかとも渡り合えます。
もう少し試行錯誤していきますが、
ジェイルヨルムンガンドにも希望の光が見えてきた気がします。